ペット

犬を撫でるとなぜ喜ぶの?その理由は犬の性質にあった!

家でくつろいでいると犬が「なでて!」と甘えてくることがあります。

その時に頭や体を優しく撫でてあげると、とても気持ちよさそうにとろ~んとリラックスした状態になるんです。そんな姿を見ていると、こちらもおだやか~な気持ちになるんですよね(^_^)

でも、どうして犬は撫でられるとあんなに喜ぶのでしょう?

いつもは犬が気持ちよさそうにするからなんとなく撫でていたけれど、「理由ってそういえば知らないなぁ・・・」とふと思ったんです。

というわけで、早速理由を調べましたのでご紹介しますね!

スポンサーリンク

犬はどうして撫でられると喜ぶの?

触ってもらうと気持ちいいし安心できるから

犬には、生まれた時から他の犬と舐め合ったりすることで、相手に愛情を表現しコミュニケーションをとる性質があると言われています。

例えば、生まれたばかりの子犬の頃はお母さん犬から体を舐めてもらう事でお母さんの愛情を感じることができ、安心することができるんです。

大きくなってからも他の犬と舐め合ったり、じゃれたり、体を触れ合わせることでコミュニケーションを取り相手に愛情を示して信頼関係を作っていくんです。

つまり、人間が手を使って犬の体を撫でるということは、お母さん犬や他の犬が口を使って体を舐めたり、コミュニケーションをとっている事と同じで、撫でられる犬にとってはとても愛情を感じ、安心することができるんです。

また犬にとって気持ちのいい部分を撫でられると、安心気持ちよさ心からリラックスすることができます。これほど幸せなことはないですよね。これが喜びになるというわけなんです。

中には撫でられたくない犬もいる

でも全部の犬が撫でられたり触られるのが好きかというと、必ずしもそうではないんです。

その犬の性格や環境などいろんな理由で触られるのが苦手な犬もいるので、無理に撫でてコミュニケーションを取る必要はありません。その犬の好きな事を見つけてコミュニケーションを取るようにしましょう。

犬が撫でられて喜ぶ場所と注意点

犬は撫でられると安心してリラックスするという事ががわかったところで、愛犬にもっと気持ち良く「うっとり」してもらうために、撫でられて喜ぶ場所をご紹介します。

ただ犬によっては好き嫌いがあり、紹介した場所の全部が必ずしも喜ぶとは限りません。

そこで、基本的に撫でられてうれしい場所をうちの犬の反応と一緒にご紹介します。

撫でる時の注意点も一緒に参考にしながら、ぜひ愛犬の「喜びポイント」を探してみてくださいね!

犬が撫でられてうれしい場所はここ!

後ろの首の部分

は犬にとって撫でられると気持ちいい場所と言われています。

というのは、四足歩行で歩く時に常に首で頭を支えながら歩いているので、意外と首はこる場所なんです。その首の部分を優しく揉むようにしてあげると気持ちよくてうっとりしますよ!

すなお
すなお
人間も首を揉んでもらうと気持ちいいので、それと同じですね!うちの犬も大好きです。

顎の下から首にかけて

顎の下から首にむけて上から下にやさしく撫でると気持ちいいと感じる部分です。

ここには緊張が和らぐツボがあるので、ここをやさしく撫でられるだけでリラックスでき、穏やかな気分になると言われています。

すなお
すなお
ただうちの犬はそれほどでもないようで、あまり長い時間触られると嫌がります。軽くなでて終わるぐらいがちょうどいいようです。

腰から尻尾の付け根

腰からしっぽの付け根あたりも犬は大好きな部分と言われています。

腰の部分を優しく揉んであげたり、付け根を指でかいてあげたりすると喜びますよ!

すなお
すなお
うちの犬もここは大好きで、しっぽの付け根を指でかいてあげるとお尻をクネクネさせて「たまらんっ!」という表情をします(笑)ぜひ一度試してみてください!

耳の後ろや付け根の部分

あまり日頃触らないですが、耳の後ろも気持ちいい部分なんです。

耳の後ろを軽く揉んだり、付け根あたりを指でかいてあげると気持ちいいようです。

すなお
すなお
うちの犬はそれほどでもなかったです。じーっとはしていますが表情は変わらずで・・・。「可もなく不可もなく」といったところでしょうか。

頬のあたり

これはうちの犬だけかもしれませんが、頬のあたりはけっこう気持ちいい場所のようです。

頬の部分を手でやさしく撫でてあげると、うっとりと眠たそうにするんです。

すなお
すなお
以前犬同士で舐め合っているのを見た時に、頬のあたりをやさしく舐められているのが気持ちよさそうだったので、それをヒントにしました。人の手を犬の口の代わりにして優しく撫でてあげるとうっとりするんですよ。
スポンサーリンク

犬を撫でる時に注意したいこと

むやみやたらに頭を撫でない

犬を撫でるときにまず頭を撫でたくなりますが、実はそれ、犬にとってうれしいとは限らないんです。

なぜかというと、犬の頭を撫でようとするとどうしても犬の頭の上から手をおろすことになりますよね?それが犬にとって「怖い」場合があるんです。

ちゃんとスキンシップが取れて犬が心を許している場合は、頭を撫でられるとうれしいと感じることもありますが、犬と距離がある場合「怖い」と感じるかもしれません。

初めて会う犬やまだスキンシップがとれていない犬の頭をむやみやたらに撫でるのはやめましょう。(中には慣れの問題ではなく、初めから頭が苦手な犬もいるのでその場合は頭を撫でるのは避けましょう)

すぐに撫でさせてくれない時は犬にあわせて

犬によって撫でられるのが好きな犬や苦手な犬、また撫でられることに慣れていないなどいろんな犬がいます。

そのため、すぐに撫でさせてくれなくても無理に撫でようとせず、犬にあわせることが大切です。

徐々に犬の様子を見ながら少しずつ撫でていくと、撫でられる事が好きになった犬は、「撫でられることは気持ちいいこと」と認識するようになります。そうするとそのうちに犬のほうから「撫でて」と甘えてくる時が来ます。

こうなれば犬とあなたとの距離はぐぐっと近づいているはずです。

無理やりは禁物!犬にあわせてコミュニケーションを取るという意識でやさしく「撫でて」あげてくださいね。

まとめ

犬は信頼をよせる人に撫でてもらうと愛情を感じ安心することがわかりました。そして気持ち良さと安心が喜びにつながるんですね。

犬だけではなく、私も撫でている間犬が気持ちよさそうにしている姿を見て癒されるので、お互い様なんだなと感じます。

ここに挙げた、撫でられて喜ぶ場所は一例ですので、ぜひ愛犬とスキンシップをとりながらオリジナルの「喜びポイント」を見つけてくださいね。

すなお
すなお
うちも新しい喜びポイントを見つけようとしましたが、逆にウザがられてしまいました。失敗です。トホホ・・・